一時的に賃貸されていなかった

このエントリーをはてなブックマークに追加
(被相続人等の貸付事業の用に供されていた宅地等)

69の4‐24の2 宅地等が措置法第69条の4第3項第4号に規定する被相続人等の貸付事業(以下69の4‐24の8までにおいて「貸付事業」という。)の用に供されていた宅地等に該当するかどうかは、当該宅地等が相続開始の時において現実に貸付事業の用に供されていたかどうかで判定するのであるが、貸付事業の用に供されていた宅地等には、当該貸付事業に係る建物等のうちに相続開始の時において一時的に賃貸されていなかったと認められる部分がある場合における当該部分に係る宅地等の部分が含まれることに留意する。
(注) 69の4‐5の取扱いがある場合を除き、新たに貸付事業の用に供する建物等を建築中である場合や、新たに建築した建物等に係る賃借人の募集その他の貸付事業の準備行為が行われているに過ぎない場合には、当該建物等に係る宅地等は貸付事業の用に供されていた宅地等に該当しないことに留意する。

ご相談電話048(648)9380

About the author