会社設立の注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

税理士無料相談電話→ 048(648)9380

一般の方にとって、
開業,会社設立は、
わからないこと
ばかりだと思います。
会社設立時のご相談は、
会社設立、経営に詳しい
堤税理士行政書士にご相談ください。

税理士が格安料金で会社設立を
ご支援いたします

会社設立料金は電話にてお問い合わせ下さい

また初回面談については無料で
会社設立の疑問、質問ご相談致します。


当事務所で設立されたのお客様の
税務署、都県税事務所、市役所
に対する
会社設立後の会社設立届けの
書類作成費用は無料です


消費税の届出も、有利に処理いたします

会社設立後の法人税等の法人設立届出を始め、
節税対策、法人税、消費税などご相談ください。

設立総費用、諸費用込みで、
格安です。
(税理士顧問契約の方は、
特別割引あり)


株式会社の会社設立費用・メリット・責任・株主・役員ツイートする
の多くは株式会社です。個人事業との比較です。

株式会社 株式会社設立の方法、手順
設立費用 定款印紙代4万円*
定款認証費用5万2千円
登録免許税15万円
計約24万2千円

電子定款の場合には
印紙代4万円は無料

専門家に依頼する場合
報酬が必要。


株式会社設立の方法(一例)


出資者(しゅっししゃ)
取締役(とりしまりやく)
印鑑証明(いんかんしょうめい)
必要なので
用意して下さい


定款(ていかん)を作成します
原案が
決まりましたら、
当事務所にても
作成します


作成したら
公証人(こうしょうにん)認証(にんしょう)を受けて下さい
当事務所にて
電子定款で
4万円節約できます)

④会社印鑑の作成

⑤設立登記申請書の作成
その他必要な書類
を作成し、
会社住所地の
管轄法務局へ
提出します

⑥登記完了まで
通常1週間から10日

かかります

汎用性
メリット
個人事業の場合に比べ、
相手から信用を得られやすい。

従業員を雇いやすい。

社長に払う給与について
給与所得控除があり、
個人事業より節税になる。

一定の生命保険等が
必要経費になる。
など 個人事業に比べ
節税がしやすい。

責任

出資した資本金の範囲内で
責任を負う。
だだし、銀行融資などでは、
個人連帯保証を求められる場合が多く
個人連帯保証した場合には、
個人にも当然返済義務がある。
株主と役員 株主は有限責任ですので
業務を執行する権利はありません
株主は、株主総会で,
会社の決定事項の決議に参加します

会社の業務を執行するのは,
株主によって選出された取締役です。
小規模会社では、
株主と取締役が同じことも一般的です。

税金相談から・定款・議事録・契約書作成までワンストップサービス


会社設立の予備知識 

会社の設立の方法としては、

一般的に
全く新しく会社を設立する方法と
個人事業を会社組織とする法人成り
とがあります。
が設立方法としては、
現物出資をしない限り、ほとんど同じ方法になります

商号

をどう定めるかは大事です。
同一市町村内でも異なる住所であれば,
類似した商号であっても登記すること
はできます。

しかし、会社法は 「不正の目的で
他の会社と誤認されるおそれのある名称又は商号を使用することはできない」と
し,これに違反した場合は侵害の停止又は予防の請求ができることになっています。
したがって,他に誤認されるおそれのある商号を用いて、
他社から損害賠償請求などをされないためにも,
しっかりした調査をして会社名を付けることが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA