建物附属設備 庭園

このエントリーをはてなブックマークに追加
  建物と一体となっている設備は一般的に 固定資産税の評価に含まれます 。 固定資産税の対象となっていない ものは、別途評価が必要な場合もあり 門や塀 など屋外設備の価額は 、 再建築価額から経過年数に応じて減額控除した金額の 7 0 %で評価します 。 庭園設備は 、時価の 7 0 %で評価します 。 建築中の家屋は 、課税時期までの支出費用の 7 0 %で評価します 。