期限後

このエントリーをはてなブックマークに追加

相続税の申告書
(期限後申告書及び修正申告書を含む)に、
この特例の適用を受けようとする旨の記載
及び計算に関する明細書

その他所定の書類の添付がある場合に限り適用される。
と規定されていることから、

要件を満たしていれば
期限内申告以外は適用を受けられない。
ということはありません

その場合には、
申告期限内に
申告期限後3年以内の分割見込書の添付が
必要ですが、

申告期限内にその添付がない場合で、
申告期限後に分割見込書提出をした場合、
やむを得ない事情に該当し
適用が受けられるかどうかは不明

申告書の提出期限後に分割された特例対象宅地等について


相続税法による申告書の提出期限後に
特例対象宅地等の
全部又は一部が分割された場合には、
当該分割された日において
他に分割されていない特例対象宅地等
又は
特例対象山林があるときであっても、
当該分割された特例対象宅地等の全部又は一部について、

更正の請求を行うことができるのは、
当該分割された日の翌日から4月以内に限られており、
当該期間経過後において更正の請求をすることはできない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA