法人の事業の用

このエントリーをはてなブックマークに追加

法人の事業の用に供されていた宅地等の範囲)

69の4‐23 措置法第69条の4第3項第3号に規定する法人の事業の用に供されていた宅地等とは、次に掲げる宅地等のうち同号に規定する法人(同号に規定する申告期限において清算中の法人を除く。以下69の4‐24までにおいて同じ。)の事業の用に供されていたものをいうものとする。
(1) 当該法人に貸し付けられていた宅地等(当該貸付けが同条第1項に規定する事業に該当する場合に限る。
(2) 当該法人の事業の用に供されていた建物等で、被相続人が所有していたもの又は被相続人と生計を一にしていたその被相続人の親族が所有していたもの(当該親族が当該建物等の敷地を被相続人から無償で借り受けていた場合における当該建物等に限る。)で、当該法人に貸し付けられていたもの(当該貸付けが同項に規定する事業に該当する場合に限る。)の敷地の用に供されていたもの
(注) 措置法第69条の4第3項第3号に規定する法人の事業には、不動産貸付業その他措置法令第40条の2第6項に規定する駐車場、自転車駐車場及び準事業が含まれないことに留意する。

(法人の社宅等の敷地)

69の4‐24 措置法第69条の4第3項第3号の要件の判定において、同号に規定する法人の社宅等()の敷地の用に供されていた宅地等は、当該法人の事業の用に供されていた宅地等に当たるものとする。

ご相談電話048(648)9380

About the author