特別受益と寄与分

このエントリーをはてなブックマークに追加

特別受益者

(被相続人から遺贈を受け、又は 婚姻、養子縁組のため若しくは 生計の資本として贈与を受けた者) の相続分は、 被相続人が 相続開始の時に有した財産の価額に、 その遺贈又は贈与の価額を 加えたものを相続財産とみなし、 これを基礎として算出した相続分の中から、 その遺贈又は贈与の価額を控除し、 その残額をもってその者の 相続分とすることになっています。  

寄与分

また、共同相続人の中に、 被相続人の事業に関する労務の提供又は 財産上の給付、被相続人の 療養看護その他の方法により 被相続人の財産の維持又は増加につき 特別の寄与をした者があるときは、 被相続人が相続開始の時において有した財産の価額から 共同相続人の協議で定めたその者の寄与分を 控除したものを相続財産とみなし、 民法の規定によって算定した相続分に 寄与分を加えた額をもって その者の相続分とする ことになっています。