相続税の延納ができる期間

このエントリーをはてなブックマークに追加
相続税の延納の期間は、原則として5年以内となつている。 ただし、相続や遺贈によつて取得した財産で 相続税額の価額の合計額のうちに、 不動産等の価額が占める割合が2分の1以上であるときは、 不動産等の価額に対応する相続税額については15年以内 または20年以内、 その他の財産の価額に対する相続税額については 10年以内まで認められる。 延納する場合には、申告期限までに 所定の手続きが必要である  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA