相続財産である会社に対する貸付金対策

このエントリーをはてなブックマークに追加
個人が会社に貸付けていた金銭 いわゆる貸付金も相続財産となる。 会社から見れば借入金になるのだが 債務超過の会社 である場合には 相続財産とされないために 以下のような方法を 生前に実行することも有効である と思われる 詳細は税理士にご相談ください
資本金額を現金で増資する 増資しても債務超過の場合には 小会社の場合 株価は純資産価額で評価するので 増資してもなお債務超過であれば 株価は額面価格より低額になり 0円で評価される場合もあります ただし 借入金をそのまま資本に組み入れたと みなされた場合には 時価課税される場合もあり その場合には会社に受贈益(法人税)課税の問題が 株主が複数いる場合には贈与税が課税される可能性がありますが その辺は自己責任となりますが

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA