貸付小規模宅地の注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

貸付けについ
ては、相当の対価を得て行うもの
(通常世間一般的な家賃または地代であれば、問題ないが
一般的な金額以下でも、
固定資産税相当額を超えている地代等のやり取りであれば、
認められる可能性がある)
 
(減価償却費や租税公課負担などで結果として
所得税の所得金額がマイナスとなるものを含
む。と思われます)が対象


家賃または地代のやり取りがない場合又は
固定資産税以下のやり取りである、
使用貸借は対象となりませんので注意してください


その土地の上に建物または構築物が存在することが必要
建物または構築物の所有者は個人、法人とも可能で、
被相続人に限定されない。
構築物には、
庭園、アスファルト舗装、
敷き詰められた砂利敷の駐車場などが該当すると思われます
 
 
 

Follow me!