配偶者税額軽減と名義預金

このエントリーをはてなブックマークに追加
夫婦間や扶養義務者相互間の生活費の贈与は 非課税とされています 非課税とされるのは生活費として消費した場合であって 蓄積した場合(いわゆるヘソクリ)は 名義預金として 相続人に対する相続開始前3年以内の贈与は 相続財産として確実に課税されるものとおもわれます それ以前の 贈与も贈与の事実が立証できなければ 相続財産として課税される場合があります   配偶者の税額の軽減は 相続税の申告期限までに分割されていない財産 は税額軽減の対象になりません 税務調査で家族名義の預金を相続財産と認定された場合や 申告漏れ財産は通常 税額軽減の対象にならないと思われますので注意が必要です 配偶者の税額の軽減は 相続税の申告期限までに分割されていない財産 は税額軽減の対象になりません 申告書に記載されていない財産(後日発見された財産など)について 遺産分割協議書の作成にも工夫が必要です 詳細はお問い合わせください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA