26年1月以降の相続

このエントリーをはてなブックマークに追加

次の改正は、平成26年1月1日以後に相続又は遺贈により取得した
小規模宅地等について適用します。
1.二世帯住宅における構造上の要件の緩和
1棟の建物で構造上区分されていた二世帯住宅に
被相続人とその親族が
各々の独立部分に居住していた場合、
被相続人とその親族が居住していた部
分が特例の対象
となりました。

1棟の建物が区分所有登記されている場合は、
被相続人の居住の用に供されていた部分
に限る

2.被相続人が老人ホームに入居していた場合の居住要件の緩和
被相続人が老人ホームに入所していたことにより、
被相続人の居住の用に供されなくなった宅地等については、
次の条件を満たす場合に、
被相続人の居住用宅地等に該当するものとして特例を受けることができる。
被相続人に介護が必要なために入所したこと。
・その家屋が貸付等の用途に供されていないこと。


対象となる老人ホームは以下のとおり。
・認知症対応型老人共同生活援助事業が行われる住居
(グループホーム)
・養護老人ホーム
・有料老人ホーム
・介護老人保健施設
・サービス付き高齢者向け住宅
・障害者支援施設