A、相続税の申告書を共同で作成して提出できない場合にはどうしたらいいでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
相続税の申告書は、同じ被相続人から相続、遺贈等によって財産を取得した人が共同で作成して提出することができます。 しかし、申告書を共同で作成して提出することができない場合には、別々に申告書を提出しても差し支えありません。 無申告の場合 無申告加算税、延滞金等が課せられるので、相続税の期限内に提出することが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA