Q、胎児がいる場合?

このエントリーをはてなブックマークに追加
胎児がある場合には、   その胎児は既に生まれたものとみなされ   相続権を有することになります。   ただし、死産のときは、   この適用はありません。   相続税の取扱いは、   相続開始の時には   その胎児がないものとして   相続税を計算し、   その後胎児が出生したときに、   更正の請求等によって   納付すべき相続税額を清算します