Q、財産取得者が日本に住所を有していない場合は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
制限納税義務者の債務控除   相続又は遺贈   (包括遺贈及び   被相続人からの相続人に対する遺贈に限ります。)   により財産を取得した者が、   その取得の時に   日本に住所を有していない場合、   すなわち制限納税義務者である場合には、         日本国内にある取得財産の価額から、   被相続人の債務で次に掲げるものの金額   のうち、その者の負担に属する部分の金額を控除します   ⑴     その財産に係る公租公課   ⑵     その財産を目的とする留置権、特別の先取特権、質権又は抵当権で担保される債務   ⑴     ⑵の債務のほか、その財産の取得、維持又は管理のために生じた債務       その財産に関する贈与の義務       被相続人が死亡の際、日本国内に、   営業所又は事業所を有していた場合においては、   その営業所又は事業所に係る営業上又は事業上の債務  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA